うつ病リワーク(復職支援)プログラム

最終更新: 2017年12月27日

 みなさんは、精神科医療機関やEAP機関で実施されている「うつ病リワークプログラム」をご存知でしょうか。リハビリテーションプログラムとして近年全国的に広がりつつあるうつ病専門治療プログラムです。

 薬物療法や自宅療養だけでは、以前のように仕事ができる状態まで体力や持久力・集中力が回復しない、復帰してもすぐに症状が再燃してしまう、といった方々に、再発予防・再休職予防を目的として利用いただけるプログラムです。特に精神科医療機関で提供されるリワークプログラムは医療保険適応となり、受診と並行し利用が可能です。





 うつ病の生涯有病率が10~15人に一人と言われる時代において、メンタル不調はもはや「自分には関係ない」と他人事では語れない身近な問題です。

 うつは「心の風邪」と呼ばれ随分とライトなイメージがある病気かもしれませんが、再発のしやすい病気でもあります。そしてビジネスパーソンは単純に症状が落ちつけばよいかというとそうもいきません。療養中は症状が安定していても、仕事をするときの身体的負荷、精神的負荷、対人ストレスへの準備が不足していると、復帰後に容易に再発することも多く発生しています。

 リワークプログラムでは、様々なプログラムを通してストレスについて学習し、運動プログラムや体重管理・リラクセーションなど健康管理方法を獲得していきます。

 プログラムの中で自分のストレスを整理し向き合う体験をすることで、自分自身の傾向に併せストレス調整力を学習します。プログラムは精神科専門職がサポートをしながらすすめられますので、一人ではなかなか難しいストレスとの向き合いかたや対処法の拡大も獲得することができます。

 通常は複数名で受講する形で実施されますので、療養中の対人交流の場でもあり、対人緊張の緩和・準備を行うことにもつながります。通いのプログラムですので、生活リズムを整え、復職後のリズムにスムーズに移行することも期待できます。

 

 当事業所では、一般企業・行政機関などで外部研修を行う際に必ず「うつ病リワーク(復職支援)プログラム」を紹介しています。「メンタル不調になったらもう前みたく働けないんでしょう?」という認識が根強いこの社会において、自分や身近な人が「うつ」に罹ったとき、お薬と休養とあわせ、リワークプログラムという治療法があることを知っておいていただきたいと思います。

 Office こころの杜では、顧問先企業へのプログラム提供と共に、医療機関でもプログラムを実施していますが、リワークプログラムを利用された多くのビジネスパーソンが、健康管理スキルと共にストレス調整力を獲得し、復帰後も元気に働き続けています。

 全国ではもちろんのこと、札幌市内や近郊の複数の医療機関でリワークプログラムが開設されています。ぜひ自分のニーズにあった通いやすい場所を探してみてくださいね。



 

〒060-0001

札幌市中央区北1条西18丁目2番1号

Mail:info@office-kokoronomori.jp

© 2017 Office こころの杜 All rights reserved.